2005年10月

The 横浜

なんか寒っ困った
つう事で昨晩は蝉の石ちゃんが

PIC_0087.jpgっていうイヴェントに出演するCHAIN LOOSERってバンドで弾くってんで今井君と妊婦んにょりマコcahngで黄金町の駅で待ち合わせして応援に行きました。

黄金町~阪東橋ってすんげぇー横浜ってイメージ!
ディープでダークでそそるんですよ。
神奈川県外の方は濱マイクシリーズを思い浮かべて頂きたい。
なんつうかね、そこの路地を曲がったらもうこっちの世界には戻ってこれないんじゃないかっ!?
って感じの土地。またなにを大袈裟にって言われそうだけどさ、私の横浜に対するイメージってそんな感じなのよ。
あの横浜西口や桜木町のあたりじゃなくてね。。。。うん。

そんでね、今回の会場も怪しげなボロイ(失礼)ビルの2階にあってなんかサロン風?のイスやテーブル、バーカウンタ、ダンスフロアみたいな感じでモロにイカすハート
しかも年齢層若干高め(お前もナ)でね。結構入ってるし思い思いに盛り上がってるしなんかね、またまた大袈裟だけど横浜音楽の底力を感じたよ。
んで我らが石ちゃんはこんな感じ、ケータイ画像ですんません。
PIC_0088.jpg
CHAIN LOOSERはリズム&ブルースでファンクなバンドで本人リハ不足もあって納得いかないみたいだったけどどーしてどーしてカッチョ良かったヨ。

つーか「蝉」より美味しいトコあるんじゃね?(久々に高校生風ね)って感じ。

なにはともあれ、バンドメンバーを観客の側から見る機会ってあまりないので楽しかったヨ。
石ちゃんの音が小せーよとか照明が影になってる!とかブツブツ言いながら見るのは野次馬的でナイス!
てゆーかね、うぅぅううー私も出たーいッ炎

と、まぁそんなこんなで2バンドみたところでお暇してきたんだけど、帰り際にドアのトコですれ違ったおじさん4人組(彼らは今から参戦らしい)も怪しさ満点でカッチョ良かった。
居るんだよ、ディープ&ダーク横浜にはそんなおやじ(失礼)が。
モチロンぜーったいサラリーマンには見えないし、
いったい普段何をして暮らしてるんだか想像もできない中年の人。

さすが黄金町。。。

つう事で石ちゃんお疲れ様っ!


なんでもこのイヴェントはNO BORDERっていう反町にあるお店のイヴェントで定期的にやってるらしいっす。

蝉でも出たいなココ。
また呼んでくれないかな。

今日もこのネタで。

もう先月の話になるんだけど、
私はある女性にゾッコンになっていた。

彼女は30代の×イチで新宿に住んでいる。

仕事は一応父親の後を継いでるって感じなのかなぁ。
かなり怪しいトコに住んでいて危ない仕事なんだよね。

すごく、凛とした感じで頭も良くって行動力もあるし周りの環境に馴染む適合力もあるんだけど快楽に貪欲で怪しい奴に惹かれるクセがあるらしくて少しヤキモキしちゃう。
まぁ別に寝たからといってどうこうなるわけではないのでまぁしょうがないかって感じなんだけどね。


彼女の名前は 村野ミロ 探偵だ。

PIC_0086.jpg

そう、彼女は「OUT」や「柔らかな頬」で有名な桐野夏生さんの小説のキャラ。
いやぁ「顔に降りかかる雨」を読んだらハマッちゃってさぁ、
もう村野ミロが気になっちゃって気になっちゃって
つうかこれは恋?みたいにハマリ込んでね。

以後
天使に見捨てられた夜
ローズガーデン
水の眠り 灰の夢
と連続してガァーッと読んでしまったよ。

これはアレだね、探偵モノっぽいストーリーや社会的なテーマも良いんだけど、
やはり村野ミロのキャラの魅力でしょう!うんうんやはしそうだと思う。
まぁ作家本人ではないので想像に過ぎないんだけど
キャラが先行してストーリーが進んでる感じがする。村野ミロだったらどうすんだろ?みたいな感じでね。
このシリーズは面白いよ、女性だっていうのもストーリーが膨らみやすいのかな?スペンサー(ロバート・B・パーカーのね)だとこうは行かないよなって。

んで、情報に疎い私はふぅ、まっこんなもんかぁ。
とにかくミロが死んだりとんでもない不幸にまきまれなくて良かったよ。。。
ってね、ホッとしたんだけど。。。。

こんなん出てるんだって!
ダーク
『40歳になったら死のうと思っている』
成瀬の獄中自殺を知った村野ミロは、死を決意する。
それは、これまでの世界との訣別を意味した。
ミロは、周囲の人間を次々と破滅させていく。
父の善三。隣人で親友だった友部秋彦。善三の盟友・鄭健栄。そして善三の内妻・久恵。
破滅しきった後、ミロは新しい世界への脱出を図った。
偽造パスポートを手に入れて韓国に渡ったミロは、光州事件を経験して心に傷を負う徐鎮浩と出会う。
徐とミロは惹かれ合った。新しい恋人・徐とミロの逃避行が始まる。

きゃー!!どうしよ。。。。つうかいずれ買って読むんだけどさ、
なんか今回のはきっつくて怖そう、どうなるんやろ村野ミロ。
すんごく心配だ。。。。

今日は石ちゃんがトラで弾くらしいんで観に行くヨ、黄金町でやるんだって。
黄金町!カッコ良いよね、The横浜って感じでさ。





あー終わっちゃった。

昨日寂しい事に読み終わっちゃった。
大事に通勤電車の中だけで読んでたんだけどとうとう終わっちゃったヨ。。。

私の愛するジョン・アーヴィングの新作では無いけど久しぶりに文庫化された本なんだけどね、まぁ私もジョン・アーヴィング大好きというわりには今回も発売されてから知ったというダサダサ加減なんですけどね困った


じゃん!!


PIC_0085.jpg未亡人の一年

はぁー面白かったぁ音符

先日、私の友人のアーヴィング好きの女子から「彼独特の目線の文章が懐かしい感じがして・・・これは中毒なんだと確信・・・」というようなmailを貰ったけどその通り、私も中毒なのでしょう。
やはり今作でもあのとてつもない不幸と少しの幸せの背中合わせを冷めたユーモアで綴る世界は健在!やはりステキだわ。
ジョンアーヴィングを知ったのは実は本ではなく映画「ホテルニューハンプシャー」ジョディ・フォスターやナスターシャキンスキーが出てたヤツ、これ観て原作を読みあとガァーっといったよ。
彼の作品その他ガープの世界、オウエンのために祈りを(サイモンバーチ)、サイダーハウスルール、そして今回の未亡人の一年(ドア・イン・ザ・フロア)と映画化されてる作品も多いので要チェックでっせ。

この人の本を読んでるとなぜかフランシス・フォード・コッポラの評判最悪の映画「ワンフロムザハート」を思い出すんだよねぇ。
この映画最悪だとかコッポラはこれで会社潰したとか色々言われてるけど私は大好きハート
つうかコッポラの作品で一番好き。
あのセットを使ったおとぎ話チックなのがキレイで最高。
そう、アーヴィングの本はおとぎ話なんだよね。
前述しましたがとてつもない不幸と少しの幸せの背中合わせを冷めたユーモアで綴るながーいおとぎ話。
早く他の本も文庫化されないかなぁって切に願うよ。

ちゅう事で今日のオススメは
映画のサイダーハウスルール 
内容は↑でチャキラワンツーしちくりくり。
全編キレイな映像の中でアーヴィングの世界が炸裂なんですが、
なんといっても最高にキレイなのはシャーリーズセロンのお尻です。

みっけ

こんなステキ風味な商店街を見つけちゃったヨ。

PIC_0076.jpg なかなかナイスだと思わない!?

ブランコ通りだってハートネーミングもいかすっ!

何を隠そうワタシは商店街マニア。
すんごく小さい商店街なんだけどぐっと来る喫茶店もあったヨ。
いや外から見ただけなんだけどさ、良さげだった。

むぅう~そそる。

スポーツ新聞Ⅱ

観た?ディープインパクト無敗で3冠達成ロケット
今日も強かったねぇ、珍しく出足が良くってホッとしたら一周目か~なりかかっていたみたいで
少しドキドキしたヨ、武ちゃんも今日は道中苦労していた感じだったけど第4コーナーに入るあたりではもう余裕でイケルって感じでしたね。うん。

ウームそれにしても強い!
私、ルドルフの頃は競馬に興味なかったので見ていなかったので今回は初の無敗の3冠馬だよ。今まで見た中で一番強いって感じた馬、ナリタブライアンよりも強さを感じます。

菊花賞といえば3,000mの長距離、春のクラッシックで強さを見せつけていた馬も生粋のステイヤーや夏の上がり馬にやられちゃうケースも多いんだけどさすがにモノの違いをみせつけてくれました。
私は以前の編集後記にも書いたんだけど強い馬がその能力を存分に発揮して結果勝つっていう競馬が好きなので今日は楽しい観戦でしたワイ。

続いてはプロ野球日本シリーズ
こちらも史上初の出来事があったねぇ
濃霧でコールドゲーム!
これも初めて観たスゴイ絵で不思議な気持ちになったよ。
霧の中にホームランが吸い込まれていく。。。素敵だ。

私、プロ野球はあまり観ないんだけどシーズン開幕戦と日本シリーズ初戦はなるべく観るようにしてるんだよ。
日本のスポーツ界でも最高峰の才能と能力が集まっているプロ野球(最近はそうとも言い切れないが)の怪物達、おそらくは幼い頃からその学校、その地方、あるいは全国で賞賛され続けてきた化け物が開幕戦と日本シリーズ初戦では中学生みたいにビビリまくってぎこちないプレイするのをみるのはスリル!
そこでは本物の野球(どちらかというと高校野球に近い)が観られる。
天才達が緊張しまくってプレイするとモンノ凄いプレイが飛び出る事が多いんだよっ!

昨日も1回にロッテのショートストップが見せたダブルプレーはゾワッときました。
結果はワンサイドになったけど私はあのワンプレーが勝敗を決したと考えてます。ビッグプレーでした。

野球好きな人もそうでない人も日本シリーズ初戦は観てみるといいよ。
阪神は間が空いたせいかゲームに入ってなかったね、まっシーズン全く観てないのでエラそうな事は言えんけどシリーズ前半は苦しみそう。。。ちうか井川クン髪長すぎ。
ロッテはプレーオフやって修羅場のテンションにすんなり入れてるって感じたヨ。

つう事でスポーツ新聞Ⅱ終了ッス!写真はさっき自宅の廊下から西の空を見ると富士山のテッペンがなにやら光っておったのでパチリといきました。
P1010003.jpg
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ