2006年11月

デレクはエリック

ecb.jpg


ハイ、いきなりベタな写真で恐縮ですが、行ってきましたよ~。
御大EricClaptonのお札(意味がわからん)をありがたく頂きに武道館へ。
九段下駅を出て非公認グッズ屋さんやダフ屋を横目にあの坂を歩くと
いつも決まって気分が高揚して早歩きになってしまうのはワタシだけ?
もう何回通ったかわからない武道館なのにね。

ステージには「もう、お客さんそっちのけでバトルのかよ。あんた!!」
とさすらいのロッカー谷口豊氏がココで吼えてるとおりの
スティーヴ・ジョーダン、ウイリー・ウィークス、デレク・トラックス、クリス・ステイントン、
ドイル・ブラムホールII、ティム・カーモンに女性コーラス2人という超強力というか強烈布陣。

んでね、オープニングが「Tell the Truth」ですよっ!!
もうね、ブッ飛びました。
しかも思いっきりLayla & Other Assorted Love Songsバージョンぽい感じで!
結局DEREK & THE DOMINOS時代の曲が4曲かな、「Anyday」なんかもやってね。
やっぱりそうだよね、
デュアンオールマンの再来と言われ
現オールマンブラザースのスライド小僧デレク・トラックスが居るんだもんね。
そりゃ御大の血も騒ぐってモンでしょう。
ワタクシか~なり鼻息が荒くなりました。

いやー長生きはするもんだね。
モロにDEREK & THE DOMINOSだったよ。
生で観られるなんて夢にも思わなかった。

イスに座ってのアコセットは「Rambling on my mind」の弾き語りでスタート。
こう言ってはナンですが「チェンジザ・・・」「ティアーズ・・・」もやらないアコセットはかなりナイス!
うん、正解だと思いますヨ。

んでまぁ「ワンダフル・・・」から「レイラ」~「コカイン」
とお馴染みのゴージャス攻撃で本編終了。
しかし御大。あのレイラのピアノパートのところさ、せっかくスライドの
デレクトラックス君が居るんだからもう少し静かにできんもんかね?
弾きすぎやっちゅうの。
と、小言が出たところでアンコールは「クロスロード」。
これスッゴイ良かった!

やっぱトリプルギター良いね、バトルもさることながら
なんつっても圧巻だったのが「Motherless Children」のイントロの
スライドをトリプルギターでやってたのが凄かった。
果たしてそのフレーズを3人で弾いて意味(効果?)があるのかどうかは
別にしてとにかく圧巻、もう笑うしかないトリプルスライドギターだったよ。

と、まぁワタクシ的にはDEREK & THE DOMINOSのあたりのスワンプかぶれ期の
クラプトンが大好きなので存分に楽しめたのですが、
(「After Midnight」もソロアルバムバージョンぽくやってたし)
ショー自体のデキはというとチト?でしょう。
御大の声もあまり出てなくヘンなフェイクで歌うし
バンドも完成度の高さという点では厳しいかなと。
例によってお客さん(招待客、デート目的)の反応は悪いしね。
特に今回は南部泥くさロックだったから戸惑っていたみたいだし。

でもワタシは大満足!!
だってDEREK & THE DOMINOSERIC CLAPTON
ナマで観る事ができるなんて
本当に夢のようだと思わないかい?

今晩のお楽しみ♪

久しぶりに晴れた気がするねぇ。
今日は夜コレ行っちゃいます。

ericclapton_w440.jpg


なんとなく今回はパスしようかなと考えていたのですが
サポメンのメンツとツアーのセットリストを見て
殆んど反射的にウドーの先行でチケットを取ってしまいました。

だってスティーヴジョーダン、ウィリーウィークスのリズム隊に
ギターがデレク・トラックスとイル・ブラムホールIIと御大。
んでドミノスの曲もやってるって言うんだもん。
そりゃあね、久々にそそるってモンでがしょ?

見所は。ずばりデレク・トラックスに煽られリミッターが外れちゃった御大が
久しぶり観られるかっ!?
ってトコでしょうか?

それにしても武道館行くのは久しぶりだワ。

日記

今日は、良い事が。
JBLのスピーカーを貰った!!
コレ私にとってはスッゴイ出来事。
憧れだかんね。
かなり嬉しい!!
あと、すっごいアンプとか♪
Tさんありがとうー!

そんでもって新城のスタヂオのおやぢさんと少し会話。
共通の知人の事でね。。。
薄々感じていたけれど、少し心配な状況。
私にできる事があれば最大限の協力を約束。
だって。。。
また見たいモン、彼のステージ。
また一緒に飲みたいしね。

その後cafehatへ移動してユージ君とかーるくトーク&打ち合わせ。
良い感じの波を逃してはいけないと思フ。
千鶴ちゃんナイスけーたいサイト!

それにしてもさ、あのアンプとスピーカーの音は憧れです。

ああいうオーディオを自分で持てると思わなかった。
まだウチでセットはしてないけれど
絶対スペースキープしまっす。

ってコレなんだかわかんないよね。
でもイイんです。
JBL。。。
なんだか遠い昔のジャズ喫茶を思い出すんだよ。



TVだってイイんデス!

いやぁディープインパクト勝ったねぇ。
良かった良かった♪
ワタシも初めてJCジャンプコミックスジャパンカップ)で馬券取ったし。
まぁご存知の通り私は小心だし競馬にギャンブルを求めていないので
大した配当ではないけどね。
大体さぁ、あの競馬好きだとか言ってひたすら高配当の馬券を狙う人って
良く分からないんだよ。

それはアナタ、競馬が好きなのでは無くギャンブルが好きだって事だよね?
と問いたい。

私は逃げて強い馬が逃げて、
好位置につけて勝負をする馬がちゃんと折り合って、
さらに最後尾から追い上げて来る馬がうなりを上げてくる。。。
みたいなみんなが実力を発揮して最後に強い馬が勝つっていう
競馬が好きなので、私の予想ではあまり高い配当にはならんのデスよ。
そういった面からも今回のJCは見ごたえあったし良いレースだった!

おっと今日はそんな事を話したいんじゃないんだ。
昨日ね、またしてもTVっ子三昧だったんだけどさ。
来たね、すっごいの観た。
なにかっつうと ジャン!!

7211_272a.jpg


そう、忌野清志郎"This Time" ~ナッシュビルレコーディングに密着。
忌野清志郎の魅力にせまる!~

ってやつ。
フジテレビ721で夜やってたんだけど、再放送なのかな?
スティーブ・クロッパーとナッシュビルでレコーディングするんだけど
もうこれカッコ良いんだ!
清志郎も準備万端で乗り込んでるしクロッパーがね。。。もう。。。
さすがというかクロッパーのギターなんだよ。。。口笛とかも吹いたりして。
曲も一緒に作ったりしてね。
チャボや細野晴臣のコメントやらライブやら盛りだくさんのナイスTVでした。
このレコーディングで録音された「夢助」ってアルバム
すっごい良さそう。
またしても欲しいナと音符

あっそうだそうだ!横浜FC優勝&J1昇格決定おめでとう!!
これはホントに嬉しい事だよ~。
横浜FCはあのマリノスとの合併で消滅した横浜フリューゲルス
のサポーターがチーム存続を求めて設立した市民クラブ。
今はカズや城や山口もいる。
こういうのって最高だよね。

ぼくなつ2

昨日お昼過ぎ頃からフジテレビ721でやっていた
「Drコトー診療所」の最初のやつを観てしまい
今日もお昼からハマッてる。

どぉも、引きこもりTVっ子です。
やっぱね、コレ面白いんだよね。
吉岡’純くん’秀隆の好演もさることながら泉谷しげるや時任選手の存在感、
それとなんつっても大塚寧々がナイス♪

ワタクシこれを観るとむしょうに「ぼくのなつやすみ2」
がやりたくなるんだよ。p2.jpg
田舎の親戚の家へ預けられた主人公の「ぼく」=プレイヤーが、夏休みの一ヶ月間、昆虫採集や探検、人々との触れ合いをして行くゲームの
第二弾。
「ぼくのなつやすみ」は山の田舎編、
「ぼくのなつやすみ2」は海の田舎編に
なってるんだよ。

このゲームは1970年代の田舎の夏休みを舞台に8月31日まで何をして過ごしていいんです。
釣りをしても良し、泳ぐも良し、虫取りをしても近所の人とお話するだけでもただ日がな一日ぼーっと過ごすも良し。
好きなように8月31日まで1日1日を過ごそうってゲーム。

これはアクションゲームが苦手な人、ゲームに興味が無い人、1970年代に子供時代を過ごした人に特にオススメです。
ちなみにこのゲームは略して「ぼくなつ」と呼ばれてるので4649♪

さぁ~てまたコトーせんせを観るとしますか。。。

っていうかJC(ジャパンカップ)観ないと!!
がんばれディープ!
がんばれバルク!
ミーハーなもんですいませんねぇ♪
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ