16日金曜日、昼間ボーッとネットで立川シネマ2のスケジュールを見てると。。。
げっびっくり密かというかこのブログにも観たいと記してあった映画が今日までやんか!!

と、いう事で仕事を20:00過ぎには終えいそいそと立川シネマ2へ向かいました。

ちょうど21:00~の上映に間に合うように仕事がなぜタイミング良く終了したかについては日本の社会構造あるいは社内における力関係が強烈微妙に作用したのは言うまでもありません。

まぁそんなこんなで8時40分くらいには無事立川シネマ2へ滑り込みチケットを手にした私ですがどうもノドは渇くし糖分が不足しているよう。。。。んでソフトクリームを食したよ(美味しかったぁ)。
まぁおっさんが一人でソフトクリームってのもねぇどうかとは思いますがほっといてください。

そんなこんなでナニを観たかというとですね
ジャン!
4812423228.01.jpgサマータイムマシンブルース


これねぇとにかくオモシロすぎ
ハッキリいってドタバタ劇なんだけどメチャクチャ緻密な脚本だなと、小ネタもばっちしツボです
本広監督(踊るシリーズのね)の地元・香川県を舞台に撮影された映像はどこかノスタルジックで大林監督の尾道3部作っぽくも感じもアリ。

 
まぁストーリーはね、オフィシャルHPとかで確認してもらえば良いのですが。
暑い夏の日に大学の「SF研究会」部室に突如表れたタイムマシーン。
さぁどの時代へ行くんだSF研!みたいな感じ。

キャストは上り調子な瑛太、上野”スウィングすっぞ”樹里、あとは名前は知らないけど最高なキャスティング。

とにかくスピード感満点、小ネタ満載、謎解きアリ、バカバカしすぎるんだけど説得力満点!
これはかなりのヒットだわハート

原作はヨーロッパ企画っていうトコの舞台で脚本もそこの上田誠さんて人。
すごい脚本だよ、ホント知らなくて失礼しましたって最敬礼しちゃいます。

世の中には凄い人がたぁーくさん居るもんだねぇ。。。

サマータイムマシンブルース立川では16日で終わりだけど川崎では23日まで等まだやってるみたいなので興味と時間かある方はゼヒ是非!!

いや、コレまじでアタリだって。

追記、この映画って単館ネタだよね。コレが全国って事は日本映画界1歩前進ってコトかな。。。
それと上野”スウィングすっぞ”樹里さんは映画向き?TVで観るより全然っ良いよハート