スルツカヤさん演技中に
「あー転ばないかなぁ」「こけろ、コケロ、こけろ」
と念じていたワタクシは
本当にスポーツファンの風上にも置けない
心の狭い最低なナショナリストです(ガッツポーズもしたし。。。)

いやーやったね!しーちゃん(いきなりフレンドリーだなオイ)

金メダル

以前このblogでまぁメダルはいいじゃないのと強がっていた私ですが。
やはり嬉しいもんですな、イヤイヤ気分が良いワイ。
観た?
私は観ました。
荒川さんてば優雅というか荘厳だねぇ。
女王様系だし。
うーんクールビューティーラブ

安藤さんもカッコ良かった。
彼女はここ1年ばかりスケート以外の事で
追い回されたり本意ではない写真を撮られたり
挙句の果てには太り過ぎでもう4回転は飛べないとか
正に大きなお世話をされたりとイヤな事ばっかりだったと思うけど
無類の天才ジャンパー
としてやる事はやったって思う。

今大会を見てて感じるのは
やはり4年に一度のオリンピック初出場の若い子が勝つのは至難の技なんだなぁとね。
荒川さんは長野、村主さんはソルトレーク、岡崎さんは。。。。。沢山
と実力を遺憾なく発揮したのは経験者組だったもんね。

代表選考で物議をよんだ女子フィギュア代表ですが、
終わってみればバランスのとれた良い代表だったなって思う。

安藤さんから「荒川(静香)さんが1回目と2回目では全然違うと言っていたので、
(2回目を)ちょっと味わってみたいな。

っていうコメントが出た事が女子フィギュア代表の最大の成果なのかもよ。