いつもの日本映画専門chで「飛び出せ青春」を観た。
そうあのドラマの劇場版です。
ワタクシ実はコレ劇場で観ています。
確かゴジラ映画との併映だったと思う。
ゴジラ、パンンダコパンダと3本とか4本立て。
東宝ナントカ祭りとかそういうのだね。
怪獣モノ、アニメ、青春ドラマ。。。どういうんだろうねこの営業方針?
まっゴジラ目当てだったんだけど当時流行っていたドラマの映画化という事で
楽しみにしていたんだけどなんつうか子供心に肩透かしをくらったような
記憶があります。
飛び出せ青春っていうのは
これが青春だとか青春とはなんだとかの学園青春ドラマの流れなんだけど
リアルタイムだったし主題歌の「太陽がくれた季節」も大ヒットという事もあって
一番印象に残っています。
余談ですがワタシの「14の頃」の曲中「いつか見た青春スターが今日も熱い涙流し走る海辺の町」
というくだりはこのシリーズの主演「夏木陽介」「竜雷太」「村野武憲」までの方々を指しています。
夕方にね再放送してたんだよ。
良く観てたんだよね~。
片桐ぃ~!!
とか言ってね。
まっ内容はあまりの分かりやすさというかバカバカしさ。
設定もメチャクチャ、
良い意味でも悪い意味でもシンプルでね。。。。。笑えます。
でもさぁ、そんなもんだったんだよね30年以上前ってさ。
まぁキャラの配置とかっていうのは今のドラマとさほど変わらないしね。
徹底的にリアルじゃないところが素晴しいです。
うん、内容がどうこうっていうのではなくただただ懐かしかったヨ。

そしてもう1本「ハッピーフライト」(とそのサイドストーリー)も観ました。
これは良く出来た映画だねぇ、その一言に尽きます。
大変楽しく観る事ができました。
それにしても綾瀬はるかは主演とかいって
本編中なにをやってるかといったら
あのサムズアップのポーズしかしてないよね?
でもそれでも良いのです。
ワタシこの人好きですから♪
好きといえば監督の矢口さん、もう「裸足のピクニック」「秘密の花園」からの大ファンなんだけど
今回の特集では「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」のメガヒット作品ってかフジ絡み作品
しか放映されなくてつまんなかった。
あの固定カメラの前のみで撮る「ワンピース」シリーズとかも面白いんだよね。
この矢口さんのくっだらないギャグを観ていると
ワタシはどーしても漫画家の江口寿史さんを思い出してしまいます。
そこら辺りどうなんだろ?
矢口さん「すすめ!パイレーツ」とか読んでたのかな?
そうだったら嬉しいな♪